急性期病棟の看護師の求人に強い転職サイトは? 急性期病棟の看護師についての記事一覧

急性期病棟と慢性期病棟の違いが知りたい!!

急性期病棟と慢性期病棟の違いは何ですか?って聞かれて、あなたは即答できますか?

転職をしようと思った時に、今よりもっと知識をつけてスキルアップできる急性期病棟にしようか、今までの経験を生かしてゆっくり患者さんと関わる事ができる慢性期病棟にしようか悩むという声をよく聞きますが、大まかにでも違いを知りたいですよね。

急性期病棟と慢性期病棟の違い…時間の経過が違う?

急性期病棟と慢性期病棟の違いとして、時間の流れの違いがあります。看護師が仕事をしていく上で、限られた時間をどう使うかによってその日の流れが決まりますよね。

急性期病棟は慢性期病棟と違い患者さんの入れ替わりが激しく、朝からその日担当する患者さんの情報を一から収集をするところから、看護師の仕事は始まります。

勤務時間前にある程度情報を把握してタイムロスしないように必要物品を準備するため早めに職場に来ていた看護師達もいました。

それでも急変や入院対応があると「あっ!!」と言う間に時間が経ち、順調に進んでいた自分の予定が丸つぶれ~残業という流れになります。

慢性期病棟は入院が長期化した患者さんが多く急性期病棟のような急な入院も滅多にありません。

そのため仕事を続けて行くうちに看護師は患者さんの情報を自然に把握している事が多いので、夜間などバイタルの変化がなかったか、薬などの指示変更はないかくらいの情報収集をしてから仕事に入ります。

看護師がやらなければならない事はマニュアル化されている事が多く、時間は比較的ゆっくり流れ、残業がないことが多いです。

急性期病棟と慢性期病棟の違いをよくふまえて、自分に合った時間の使い方ができる方を選んでみるのもいいかも知れませんね。

急性期病棟と慢性期病棟の違い…仕事に慣れるまでにかかる時間は?

急性期病棟は慢性期病棟と違い、配属された科の疾患の勉強はもちろん、検査データの把握や急変対応、ope出しope後対応など使用する物品や薬剤も多く数えきれない程覚える事があります。

看護師によって覚えるペースは様々で、日々の業務をこなしながら新しい事を覚えるのは本当に大変ですが、きちんと対応できた時はなんとも言えないような達成感が味わえます。

慢性期病棟は急性期病棟とは対照的で、1日の中で看護師がやらなければならない仕事内容はだいたい決まっていて、基本的な知識と技術があればとりあえず働く事ができます。

急変する事を想定してデモンストレーションしておくといざという時に動けますが、慢性期病棟での急変は滅多にないので最低限の観察と処置をして急性期病棟へ搬送する事もあります。

急性期病棟は一から覚えるため時間はかかり、慢性期病棟は最低限の知識や技術で働き始めても新しく覚える事が少ないため、めったにない仕事はせっかく覚えても実践する機会がなく忘れてしまう事があったりしますね。こうした違いがあるのです。

急性期病棟と慢性期病棟の違い…患者さんとの関わり方の違いは?

急性期病棟と慢性期病棟の違いは、患者さんとの関わり方にも現れます。急性期病棟は患者さんの入れ替わりが激しいので、せっかく患者さんや家族に顔や名前を覚えて貰えたところで退院…と言う事もよくあります。

受け持ち患者も変わってしまうので、看護師は担当になると情報収集をして入院計画を立てるところから始まり、経過をみて修正、退院計画まで患者さんの回復や変化に合った計画をめまぐるしく進めていきます。

家族は急な入院で動揺していたり、疾患についていまいち理解できていない事もあるので、患者さん本人だけでなく家族を含めた看護やケアが必要な時もあります。

でも、回復していく患者さんを看るのはこちらとしても嬉しくなり、感謝の言葉を言われた時は自分の援助は間違ってなかったとホッとしてやりがいも感じられます。

患者さんが退院する時は嬉しい反面、寂しい気持ちにもなりますよね。

慢性期病棟はショートステイの患者さんも受け入れますが、急性期病棟と違い入退院を繰り返して入院が長期化している患者さんが多いので、大袈裟かも知れませんが家族の一員になったような感じで付き合っていける場合もあります。

慢性期病棟では踏み込みすぎずに上手く付き合っていけるといい看護に繋がるかも知れません。

患者さんは寝たきりなど合併症のリスクが高い方もいますが、家族も急変に対する心構えが出来ている事もあり対応がスムーズに進む事が多いです。

急性期病棟と違い、寝たきりの割合が高いので、ケアに対して回復や変化が少なくどちらかというと悪化する可能性があり、やりがいを感じない事もあります。

普段の援助の中で小さな事でも発見してやりがいに繋げて行けたらいいですね。病院によって様々な違いがあり、それぞれの状況があるとは思いますが、急性期病棟と慢性期病棟の違いについて少しでも転職の参考になればいいです。

急性期病棟への転職を考える際は、ぜひ当サイトでご紹介している看護師転職サイトをご利用ください。コンサルタントさんがあなたの疑問や不安を解消してくれるので、晴れやかな気分で転職先を探すことが出来ますよ!

急性期病棟の看護師の求人に強い転職サイトは? 急性期病棟の看護師についての記事一覧

このページの先頭へ