急性期病棟の看護師の求人に強い転職サイトは? 急性期病棟の看護師についての記事一覧

急性期病棟の看護師とリハビリの親密な関係?

急性期病棟の看護師とリハビリの関係はあるかって?もちろん、関係ありますよ!入院期間にも左右されますが、入院すると必ずと言っていいほどRH(リハビリ)が組み込まれますよね。患者さんにとってRH(リハビリ)はなぜ必要なのでしょうか。また、RH(リハビリ)をすると患者さんや私達にどんなメリットがあるのでしょうか。

急性期病棟の看護師とリハビリ…実はRHにもそれぞれ役割がある?

急性期病棟の看護師がリハビリをする場合、役割もしっかりと知っておきたいところですね。まず、RH(リハビリ)は大きく3つに分かれます。PT(理学療法)OT(作業療法)ST(言語聴覚療法)です。病院によってはSTがない病院もあります。

患者さんにとっては、RH(リハビリ)は入院中の生活リズムに関わってきますし、ENTの目途にもなるのでとても重要です。

一般的に人間が1週間寝たきりの生活をすると、筋力が約70%に減少すると言われています。

1ヶ月も寝たきりの生活をすると人は歩くことすらできなくなると言われているので、RH(リハビリ)のスタートが遅いとそれだけ社会復帰にも時間がかかりますし、入院生活も長期化してしまうので誰も得はしません。

早期の社会復帰のため、元々のレベルに少しでも近づけるようRH(リハビリ)の先生方も看護師と同じように個別性を持ったプランを立てて、患者さんとマンツーマンで進めて行きます。

昨日まで不自由なく生活していた人が、処置などで苦痛を強いられ、1日中ベッドの上で生活するとなると結構なストレスになりますよね?

PTは主にジムのような筋力を落とさないようなRHで、OTは指先などの細かい動きのRH(リハビリ)です。そしてSTは患者さんの口腔ケアをしたり、食事の時の嚥下状態や形態を見たり、発声練習をしたりします。

RH(リハビリ)と言ってもそれぞれ役割が違うので、役割についてしっかり把握しておきましょう♪

急性期病棟で看護師がリハビリをするとき

急性期病棟の看護師はリハビリをしたくても、例えばOPE直後で血圧160以上はRH(リハビリ)をしたらダメなど、Drからも指示があるので頻回な観察をしながらRHを進めて行きます。

安静は維持しなければならないけど、筋力は落としたくない!と、寝たきりでもその時のバイタルを計りつつRH(リハビリ)をしていくので、RH(リハビリ)の先生もDrや看護師との情報交換は外せません。

また、急性期の患者さんは状態が変化しやすく検査も多いので、RH(リハビリ)の方で予定を立てていても予定通りに行かず時間がずれこんでくる事もよくあります。

私が経験した話ですが、入院したばかりの患者さんの中には、自己管理ができてなかったの?ってくらい体重が余裕で100キロを超えている人がたまにいます。

そんな患者さんよりはるかに小さい女性のRH(リハビリ)の先生が、座位をとらせようと患者さんに立ち向かっていく場合がある訳です。

私も介助を手伝おうとしましたが、RH(リハビリ)の先生に「私のペースがあるので困った時に助けて下さい」と言われ、そんな小さい体じゃ絶対無理でしょ!と思いながら見守っていたら、うまいことに1人でなんとか座位まで起こしていました。

その時、バランスを崩した患者さんがRH(リハビリ)の先生にがっちりしがみついたため、RH(リハビリ)の先生は患者さんに覆いかぶさる体制になってしまい、ぎっくり腰を再発したようです。

太ってると介護する側の人にも迷惑がかかるため、自己管理って本当に大切なんだなぁと思いました。

急性期病棟の看護師とリハビリ…患者さんにとってのRHとは

急性期病棟で看護師がリハビリをする場合、患者さんにとってそれは決して楽しいものではないと思います。OPE直後で傷があるのにRH(リハビリ)はしますし、固まりかけている筋肉をほぐしたりするので痛みや苦痛を強いられる事がかなりあります。

あまりの痛さで泣いていた患者さんもいましたし、思い通りに自分の体が動かなかったり言葉が出なかったりで歯がゆい思いをしている患者さんもたくさんいます。

それでも患者さんがRH(リハビリ)を頑張るのは「早く帰りたい」と言うのが念頭にあるからですよね。

また、ENTしたからRH(リハビリ)が終わりという訳ではありません。その患者さんにとってまだRHが必要な場合は通院してRH(リハビリ)を行う事もよくあります。

自宅で自分で運動すると言ってもどうしても運動不足になりがちですし、定期的にRH(リハビリ)に通う事で患者さんの様子や運動レベルの確認もしています。

RH室に患者さんを連れて行ったりするとラジオや音楽をかけていて、楽しそうにRH(リハビリ)をしているなぁと私は思っていましたが、患者さんは苦痛と戦い、RH(リハビリ)の先生は入院と外来の患者さんのRH(リハビリ)をしなければならないので本当に忙しくキツい仕事だと知りました。

…と、急性期病棟の看護師とリハビリの関係についてのお話でした!急性期病棟への転職を考えている方、さらに進んで既に求人を探している方に、私たちは看護師転職サイトをお勧めしています!

気軽に相談できる心強い味方が、あなたの状況や希望条件に合った急性期病棟の看護師求人を探して来てくれますよ!ぜひぜひ(^□^*)

急性期病棟の看護師の求人に強い転職サイトは? 急性期病棟の看護師についての記事一覧

このページの先頭へ