急性期病棟の看護師の求人に強い転職サイトは? 急性期病棟の看護師についての記事一覧

急性期病棟の看護師…トリアージナースの存在と役割

急性期病棟の看護師でトリアージナースの役割が重要視されてきている病院が近年、多いようです。トリアージと言う言葉は主に災害現場や救急外来で使われる事が多いのではないでしょうか。

急性期病棟の看護師がトリアージナースになるには?

急性期病棟の看護師でトリアージナースと言っても、今現在は資格としてきちんと定められてはいないようです。まだまだトリアージナースという言葉自体聞いた事がない看護師も多いのではないでしょうか。

トリアージとは、優先順位を判断して治療にあたる事を言います。

よくドラマとかで災害現場が映ると、トリアージタグを首から下げている人を見ますが、あれは救急車にも必ず積まれていて世界共通のタグだそうです。

私はまだ使う現場に行った事がないのですが、トリアージタグはわかりやすく4色に分けられていて患者さんの状況を判断し、該当する部分で切るんですよね。

トリアージタグの赤は最優先、黄は非緊急、緑は軽度の処置、黒は死亡・不処置になります。誰が見てもわかるように少し記入するスペースも設けられています。

災害については起こらないに越した事はありませんが、いつ起こって自分が駆けつける事になるかもわからないので、トリアージについては急性期病棟でも看護師の知識として最低限必要なスキルと言えると思います。

私が同伴して救急車で患者さんを搬送した帰り道に「救急車の中を色々見たい」と救急隊の人に言うと「好きなだけ見ていいよ」と言ってくれたので遠慮なく色々あさってみた事がありました。

その時も大きめの袋にどっさりトリアージタグが積まれていて「優先順位をつける訓練もしてるよー」と救急隊の人は言っていました。日ごろからの訓練が災害時活躍しているんですね。

急性期病棟の看護師、トリアージナースの存在が影武者から大将へ?

急性期病棟の看護師はトリアージナースでなくても冷静で早急な判断が求められる仕事だと言う事は100も承知ですが、優先順位を決めて対応する事ができる看護師に注目が向けられていると言う事です。

今までもどこの急性期病棟の中にもトリアージナースがいたはずですが、影武者のような仕事から脚光を浴びる仕事になったという言い方をする人もいます。

私の職場では、その日のリーダーがトリアージナースとして活躍できるように研修をした事があります。

リーダーができるって事は急性期病棟の動きを把握しているという事で、やはりある程度の経験がある看護師でないといけません。

また、仕事が立て込んでくると判断も鈍ってしまう事がありますが、看護師の一瞬の判断ミスが命取りになる事もあるので油断できません。

1人の看護師が看るのではなく「看護師みんなで患者さんを看ていく」という気持ちは忘れないようにしなければならないですね。

急性期病棟の看護師、トリアージナースの未熟な卵

急性期病棟の看護師とトリアージナースについてここまでお話してきました。最後に、私が体験したちょっとびっくりな、ちょっとトリアージとも関係のあるお話をしますね。

私のいた病院では、外来で入院が決まった時点で急性期病棟に連絡が入ります。でもその日はいつもとちょっと違いました。私が電話を受けたのですが、救急外来からの電話でした。

「救急外来が珍しく混んでて全然対応しきれないから、とりあえず重症な患者を病棟に連れて行くから!」との事でした。

救急外来の看護師は待合室で待機している患者さんにも目を向けなければならず、常にトリアージナースですよね。

私も患者さんを途中まで迎えに行ったのですが、向かってくるストレッチャーに乗っているのに上半身起こして座っている状態で患者さんがこっちに来ます。

「何で起きてるの!?見た感じ全然元気そうなんだけど…」と思った矢先、救急外来の看護師が「とりあえずこのままか腹臥位で頼むね~私救外戻るわ!」と廊下でストレッチャーに乗った患者さんを託されました。

患者さんは60歳過ぎくらいの男性で意識もあって「ほんと忙しい時にすいません」と言っていたので私は「そんなことないですよ~」と言いつつ、意識も鮮明なのにどこが重症なんだ…と思いながら病棟に着きました。

ストレッチャーを引っ張る形で病棟まで来たので、ストレッチャーを押そうと後ろ側に回った時に気付いたのですが、その患者さんの背中(腰のあたり)に刃渡り15センチくらいのナイフがぶっすり刺さっていました。

あまりの衝撃にしばらくフリーズしたのですが、まだまだ私は観察力が未熟だなと自覚した瞬間でした。後から聞くと、酔って兄弟のケンカがエスカレートした末に起こった事件だったそうですが、示談で済んだようです。

トリアージナースになるためには、どんな状況でも判断できる能力と、それに対応できる実践力が必要です。少しずつでも経験を積んで自分のものにしていってくださいね♪

急性期病棟に興味のある人、転職先として考えている人は私たちがこのサイトでお勧めしている看護師転職サイトに相談してくださいね♪いまのあなたの状況よりも、確実に素敵な毎日が送れるようになる、嬉しい求人を見つけて貰ってください…!

急性期病棟の看護師の求人に強い転職サイトは? 急性期病棟の看護師についての記事一覧

このページの先頭へ